融資7

ホーム

2010年6月18日から貸金業法が改正されました。以下は改正された概要です。

  1. 総量規制
    • 借入残高が年収の1/3を超える場合、新規借入れができない
    • 借入れの際、基本的に年収を証明する書類が必要になる
  2. 上限金利の引下げ
    • 法律上の上限金利が、29.2%から借入金額に応じて15%〜20%に引き下げられる
  3. 貸金業者に対する規制の強化
    • 法令順守の助言・指導を行う国家資格のある者「貸金業務取扱主任者」を営業所に置くことが必要になる

金融庁「貸金業法が大きく変わります」


リンク先とのトラブルに関して、当サイトは一切関係がございません。
また、万一の変更・誤記等に備え、最終的にはご自身でお確かめの上、すべて自己責任においてご利用ください。
Copyright (C) 2006 融資7 All Rights Reserved.